藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

日本と真逆「仮想通貨」利用に無税 !! ロシアとドイツ

ニュース

日本と真逆「仮想通貨」利用に無税 !! ロシアとドイツ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

日本と真逆「仮想通貨」利用に無税 ロシア“暗号税廃止”とドイツは“決済使用に課税しない”


 出典:http://virtualmoney.jp/I0002854   仮想通貨まとめ編集部

日本の仮想通貨法案への着手はどこよりも早かったのは事実。しかし、税に関しては後手というしかなく、そんなことにも課税されるのと不満が爆発しています。それは、決済に使用したら利確として課税するというおそまつなもの。そんなところ、ロシアとドイツでは日本と真逆な「課税しない」案が流れてきました。内容とそのニュースの信ぴょう性は?


ロシアの関係者から提案された暗号税廃止(仮想通貨への税廃止か)
国会議員が財務省が作成した法案を見直す準備を進めている中、ロシアには「デジタル金融資産に関する法律」案を修正する提案が出されている。

出典:Crypto Tax Breaks Proposed by Officials in Russia - Bitcoin News


他の省庁、行政機関、銀行、企業の代表から構成されたワーキンググループが、法案を修正するための新しいアイデアを提示した。

出典:Crypto Tax Breaks Proposed by Officials in Russia - Bitcoin News

このアイディアの中には、仮想通貨の取引(暗号取引)による利益の「減税」が提案されていると報告されているのです。
日本では雑所得という最大55%(住民税含め)となり、税率についての批判や抗議が発生しています。現在のロシアで想定されている減税が、最終的にどの程度の税率になるのかはわかりません。
しかし、税金が少しでも安くなることへのアイディアが出ていることに対しては、ユーザーには喜ばしいことにかわりはありません。


省庁の関係者は、免除は企業収益だけでなく、個人所得もカバーすべきだと述べた。

出典:Crypto Tax Breaks Proposed by Officials in Russia - Bitcoin News



また、今回会合に参加している者からは、「ICO」における“適格ではない”投資家の個人株式限度額を、50,000から500,000ルーブル(ロシア通貨/8,800米ドル)への引き上げも求めていると伝えられています。
日本との法律の違いがありわかりにくいものですが、ICOへの投資枠の引き上げを要求しているものと思われます。

ロシアでは日本よりも早くICOについての厳しい姿勢を示していた国です。
また、専門家は、ロシアのICOに対する外国投資の制限を解除することも主張しています。

会合のグループでは、ロシアのトークン所有者に、外国暗号化交換のアカウントを設定し、海外のICOに投資することの許可も提案しています。

税制上の免除の導入は好都合だが、ICOへの個別投資の上限を引き上げる考え方は議論の余地があり、議論することができる」とMoiseevは述べている。
出典:Crypto Tax Breaks Proposed by Officials in Russia - Bitcoin News


※Moiseev=アゼルバイエイ・モイゼフ副財務大臣


ロシア当局は一般に、暗号化規則の採択への進展が遅いという批判を受けている。

出典:Crypto Tax Breaks Proposed by Officials in Russia - Bitcoin News




ドイツ 支払いに使われる仮想通貨に課税しない
ドイツ財務省は、暗号通貨を支払い手段として使用することでユーザに課税することはないと述べた。

出典:ドイツ財務省、ビットコインを支払い手段として使用しても課税しない

この意味は仮想通貨に携わる人には目を引く内容ではないでしょうか。
アメリカや日本では、仮想通貨ビットコインなどを「支払い手段」として利用した場合にも、売却とみなしなぜか課税されてしまいます。
日本では決済手段のひとつとして法で認めたかたちをとっていますが、ふたをあけてみると利用したときにも課税されるというオフレがでています。

ドイツが発表した新たな文書では、暗号通貨を法的支払い手段とみなして、税の決定を正当化した。

出典:ドイツ財務省、ビットコインを支払い手段として使用しても課税しない


ドイツ連邦当局は、欧州司法裁判所の2015年の判決を引用し「ビットコインやその他の仮想通貨を使った購入は課税対象としない」決定を伝えた。

出典:ドイツ 支払いに使われる仮想通貨に課税しない | News | Cointelegraph
 

欧州司法裁判所はこの判決の根拠として、仮想通貨は合法な決済手段とみなされることを挙げる。

出典:ドイツ 支払いに使われる仮想通貨に課税しない | News | Cointelegraph


決済手段で財産の売却とする利益を確定した課税計算は、どう考えても決済手段としての利用という用途を妨げ、目的がずれてしまっています。
「ビットコインなどの仮想通貨は、取引の当事者らによって契約上の決済手段として受け付けられ、決済手段以外の目的で使われていない限り、合法な決済手段と同等とみなされる」と述べている。

出典:ドイツ 支払いに使われる仮想通貨に課税しない | News | Cointelegraph



また、ここからも日本とは一部対極になりますが、どこまでも「非課税」でいいのかという点には、今後賛否両論がでる可能性がありうるでしょうか。▼
仮想通貨から法定通貨への両替、あるいはその逆は「その他の課税対象サービス」に分類される。「仮想通貨取引所など仲介業者は、利益のために仲介業者としての業務を全うするならば」非課税となる。
出典:ドイツ 支払いに使われる仮想通貨に課税しない | News | Cointelegraph



日本でも、このような諸外国の情勢を受け、これから仮想通貨の税の在り方について、批判や抗議が高まっていくのでしょうか?



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

仮想通貨の無料プレゼントのお知らせ!!

仮想通貨に興味があるけど、どの銘柄がいいのか「よくわからない?」という方も

多いと思います。

そんな方には、こちらの仮想通貨の無料プレゼントを利用されたらいいと思います。

無料ですから、全くリスクがありません。とりあえず、もらってみて、様子をみて

気に入らなかったら止めればいいだけですから。

会員様限定なので、応募される場合は、事前にこちらの無料メルマガ(仮想通貨

長者.com)にご登録が必要です。このメルマガは仮想通貨の有益な情報提供と読

者会員さんからの相談に無料で応じてくれるんですよ。

              ↓         ↓

メルマガ「仮想通貨長者.com」への登録が済みましたら、

プレゼントの受取方法はこちらの記事をご確認ください。

*ASECコインのプレゼント企画はこちら
       ↓        ↓

暗号通貨投資家コミュニティのご案内

5000人超えのコミュニティの力を借りた“お得”で”安心な“仮想通貨投資で
“億り人”になりたいあなたへ!!~暗号通貨投資家コミュニティ~ 
 ICOクラブ メンバー募集中!
         ↓         ↓

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法