今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

中国規制対象=優良投資案件

ニュース

中国規制対象=優良投資案件
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

中国規制対象=優良投資案件

中国人民銀行が仮想通貨に関する規制を発表しました。


まずはこちらの一文をご覧ください。


「金融リスクを緩和、そして防ぐために、
 規制当局は、関連するビジネスや国内外の
 取引所のウェブサイトの廃止、処置を含む
 ICOや国内外の仮想通貨取引所に対して、
 禁止政策を適応させます。」


2月4日の報告書によると、中国は国内外の
すべての仮想通貨取引及び、ICO関連の
WEBサイトへのアクセスブロックを決定。


仮想通貨業界の最終取り締まりを
進めていると公表しました。


中国には「グレートファイアウォール」と呼ばれる
中国政府に都合の悪い情報をブロックする
ネット検閲システムがあります。


GoogleやFacebookもそのシステムによって
規制されておりましたが、仮想通貨にも
同様の閲覧規制を設けるというわけです。


規制対象となるのは大きく2つ。


1.海外仮想通貨取引所
2.ICO関連のWEBサイト


それらのサイトへのアクセスは
シャットアウトされるようです。


サイトへアクセスが遮断されるとなると、
当然、利用・参加は困難になります。


中国政府は本気で国内外における
仮想通貨取引を取り締まろうとしているのかもしれません。


実際これまでにも中国は仮想通貨に対して
かなり厳しい姿勢を示してきました。


2017年1月には仮想通貨取引所への規制。


2017年9月頃にはICO規制と取引所への規制。


2017年末のマイニング会社への規制。


そして今回、海外取引所とICOへのアクセス手段を完全遮断。


中国には仮想通貨を使って資産を国外へ
逃がそうと試みる富裕層が沢山います。


それは中国資本の流出を意味するため、
中国政府としてはその防護策として、
目いっぱいの規制を設けているのでしょう。

なんと、世界最大のマイニング会社であった
中国のBitmain社が海外に拠点を移すと発表。


さらに元・世界最大級の仮想通貨取引所である
BTCCも拠点を香港に移すことを発表。


極めつけには…


現・世界最大級の仮想通貨取引所である
BINACE(バイナンス)も中国から退避。


東京にオフィスを構えると発表しております。


それらの対策が吉とでるか凶とでるかは
わかりませんが、仮想通貨市場に激震を
走らせる内容に間違いありません。


事実、本日の相場価格も大きく下落傾向。


多くの人は絶望されているようですが、
見方を変えれば、大きく価格を下げた今こそ
購入するベストタイミングだと謳う人もいます。


なぜなら…


「中国が規制するものは世界で流行る」


という通説があるからです。


YouTube 、Facebook、Twitter、Googleなど。


歴史的に中国が規制してきたものは
すべて世界的な成功を収めています。


仮想通貨もその例外ではないでしょう。


ですから、今回の規制もあまり悲観的に
考える必要はないと思います。


むしろ多くの人が悲観的に思っている時こそ
チャンスであるとさえ、思えてくるのです。


この状況をどう捉えますか?






5000人超えのコミュニティの力を借りた“お得”で”安心な“仮想通貨投資で
“億り人”になりたいあなたへ!!~暗号通貨投資家コミュニティ~ 
 ICOクラブ メンバー募集中!!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ