稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

仮想通貨バブルに留まらず ICOバブル、トークンバブルへと派生!MOOVER!!

ニュース

仮想通貨バブルに留まらず ICOバブル、トークンバブルへと派生!MOOVER!!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

仮想通貨バブルに留まらず ICOバブル、トークンバブルへと派生!MOOVER!!

今、注目の「ICO案件」について

ICOについて解説させていただきます。
ICOとは「イニシャル・コイン・オファリング」の略称です。
概要を要約すると…
「独自の仮想通貨を通して行う資金調達方法」だと言えます。

これまでは企業が資金調達を行う場合、株式を発行したり、融資を募るが一般的でした。

株式を発行して資金を調達する場合、
ベンキャーキャピタルから日本円で出資してもらい株式を発行、株を売却することで資金を調達できます。


対してICOでは「独自の仮想通貨」を発行し、売却することで資金を調達するわけです。

仮想通貨市場でよく耳にする「トークン・セール」や「クラウドセール」という言葉も、ICOとほぼ同意義です。

独自の仮想通貨を発行


ビットコイン・イーサリアム支払いで独自通貨を販売

集めたビットコイン・イーサリアムを売却して資金調達

調達した資金を事業資金として活用

ICOプロセスを大まかに解説すると、このようになります。


ちなみに「トークン」とは一番最初にくる、「独自の仮想通貨発行」というプロセスを
簡略化するしくみだとお考えください。
※つまりトークンも仮想通貨なのです。

今世界中の企業が新たな資金調達方法としてICOを検討している理由は沢山あります。


・国境がない
・世界中から資金を調達できる
・仲介業社がいない
・時代にマッチしている
・民間、中小企業でも多額の資金を調達が可能

などなど。



特に、企業としての最も大きなメリットは「資金調達のハードルの低さ」が挙げられます。

既存の資金調達法の場合、株式公開の手続き、ベンチャーキャピタルからの融資手続き、
などその都度手続きが必要になり時間がかかります。

またベンチャーキャピタルが命綱になるので、いちいち彼らにお伺いを立てなければならないという、余計なしがらみまでもが発生してしまいます。

それに比べて、ICOは独自の仮想通貨さえ構想・開発してしまえば、あとはそれを
販売するだけですので、非常に簡単。

さらに従来、資金調達にかかっていた資金的、時間的、労力的なコストを10分の1になる
とまで言われています。

必要なプロセスをすべて自社で完結でき、余計な仲介業者もしがらみも発生せず、
容易に資金調達ができる。

だからこそ、いま多くの企業がICOを検討しているわけなのです。

加えて、多くの投資家たちがこぞってICO案件へ投資を行っている理由は
現実的な投資案件の中でもっとも「リターンが大きい」からです。

事実、ICO期間を経て、市場に公開された時、購入価格の何倍、何十倍となる事例が多発しています。

無論、具体的なリターンは当該案件によりけりですが、少なくとも数十倍から
数百倍の投資リターンが見込めるものが多いです。
モノによっては、数千倍のリターンを得られる可能性だってあります。

実際、仮想通貨市場第二位のイーサリアムはICO時から「 1,300倍」以上の価格高騰を
記録したと言われています。

IOTAという仮想通貨は、市場公開直後に約600倍を記録。

少し前に市場公開されたADAコインだって、約40倍です。

そのような夢のあるリターンが、なによりの魅力なのです。

ただし、当然リスクもあります。

それは購入した仮想通貨が市場へ公開されない、というリスクです。

要は「資金調達をして終わり」という状態ですね。

もしくは市場に公開されたものの、一向に価値が高騰しないという状態。

特筆すべきはそのようなICO案件が大半を占めているという現状です。

だからこそ、多くの投資家は金脈を探るように信頼性の高いICO案件を必死で探し回っています。

ICO自体は非常に大きな可能性を持った資金調達方法です。

今後新サービスを生み出していくベンチャー企業や資本力に乏しい若い企業にとって、
なくてはならない位置づけになっていくはずです。

そして、ICO案件への投資リターンによってICO長者が続出することも容易に想像出来ます。

であるならば、わたしたちは今から将来有望なICO案件を探し始めることこそが、
「仮想通貨長者への最短ルート」だと言えるのではないでしょうか?

現状、仮想通貨市場において、巨額の資産を形成するための最善策は、ロジカルなトレードなどではありません。
「誰よりも早く有益なICO案件をキャッチすること」です。

「仮想通貨長者.com」は仮想通貨・ICO・トークンバブルに備え、希少で、有望な仮想通貨情報を取得しています。

市場公開、価値高騰の可能性が極めて高い仮想通貨・ICO案件の情報を知りたい方

はぜひ、「仮想通貨長者.com」へご連絡ください。

「仮想通貨長者.com」が保有している仮想通貨情報をご案内させていただきます。

「仮想通貨長者.com」と一緒に仮想通貨バブルの次のバブルに備え始めませんか?



*仮想通貨・ICO案件の情報のご案内には、メルマガ「仮想通貨長者.com」(無

料)への登録が必要です。



           仮想通貨長者.comへのご登録は
               ↓     ↓

 



 次に、今最も注目を浴びているICO案件の一つ「MOOVER」をご紹介します!!

投資案件として、非常に魅力的ですね!!早目の完売が予想されます!!

暗号通貨ICO案件  MOOVERの概要と購入方法!!

MOOVERとは

MOOVERとは、契約する通信キャリアの壁を越えて、全てのモバイルユーザーと使い切ることができなかった分のモバイルデータ通信のシェアを可能にするプロトコルのことです。

要するに余剰資源に価値化を図るシェアリングエコノミーのことです。こう聞くと、単純に余ったモバイルデータをみんなでシェアするのね?と思ってしまいますが、MOOVERはシェアリング自体が目的ではないのです。世界中の誰もが平等に、自由にインターネットの恩恵を手にすることを目指したプロジェクトなのです。

日本で生活をしていると、インターネットが普及しているので特に問題はないと思ってしまいますが、世界規模で見れば通信手段がほとんど無いような地域も存在します。そういった地域の人々に平等にネット環境をシェア出来たら、情報の格差も無くなります。

シェアリングエコノミーシェアという言葉を最近よく耳にするようになりました。空き部屋・クルマ・衣服までをシェアするサービスが人気です。こういったモノから目に見えないデジタル資産の、個人が持て余している資産の貸出・仲介をするサービスがシェアリングエコノミー。

非常に大きなメリットがある内容で、・持て余した資産をマネタイズできる・購入するよりも安く利用することができる・無駄な資源を抑える事ができる・個人の善が拡散されるという点があります。日本でも複数のシェア会社が出来ていますが、いずれも好調。世界では企業10年に満たない企業が世界的な企業になっているほど活発な市場です。

MOOVERが実現するとどうなる?

MOOVERが実現すればユーザー・通信業界の双方にメリットが生まれるのは間違いありません。ユーザーは必要とする使った分だけを支払うだけでよくなり、また今まで高額で使えなかった人達が気にせずにインターネットを使うことができます。

通信業界としては、新規ユーザー獲得も可能になるので、双方にメリットしかありません。これから先無くなる事のない通信手段がより良くなる可能性を秘めているのがMOOVERです。

MOOVERを購入するには MOOVERの購入は公式サイトから可能です。


      
      こちらから内容のご確認、購入ができます。
      MOOVER公式サイトでMOVEトークンを購入する
             ↓        ↓


<!-- ccN0004932 -->

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう