危険度高!悪質な投資システム販売会社を暴露します。

ニュース

危険度高!悪質な投資システム販売会社を暴露します。

危険度高!悪質な投資システム販売会社を暴露します。


「この会社、どうしても許せません」

投資の“KAWARA”版.comに、KAWARA版会員から
「W」という会社の調査依頼が入ったようです。
(具体的な会社名はKAWARA版会員のみに公開されています)


       ◇投資の“KAWARA”版.comとは?
           ↓      ↓

そこでKAWARA版スタッフが「W」という会社の調査を行ったところ、
すでに多くの被害者を出している、
危険度の高い悪質な業者だということがわかりました。

投資システム開発事業を行う「W」は、
アービトラージという手法を用いた自動売買システムを開発し、
ネット上で個人投資家に向けて販売しています。

システムの想定利回りは、月利5~10%。
年間で60~120%を獲得できると謳い、
公式Webサイトでは、

「月利5%を下回ったことは一度もない」

と公言しているようです。

システムの販売料金は、

利用額が100万円以下であれば、75,600円
101~200万円であれば、151,200円
201~300万円であれば、226,800円



901~1,000万円であれば、756,000円。

といったように、システムの利用金額(入金額)
によって変動する仕組みです。

ちなみに今回KAWARA版に調査依頼を行った会員の方は、
元金100万円にてシステムを利用していました。

今回被害にあった会員の方の話によると、
100万円からスタートし、2年経たずして、
一気に5倍の500万円にまで資金が膨れ上がったとのことです。

しかし…

喜びもつかの間、ある日「W」から1通のメールが届きます。

メールには、

・システムの取引結果で多大な心配をかけていることの謝罪。

・状況がまだ把握できていないため、判明次第、利用者に案内を出す。

・問い合わせはできるだけメールでしてほしい。

といった内容が記載されてあったようです。

何が何だか意味がわからず、嫌な予感のした会員の方は、
慌てて「W」で使用しているシステムの口座を確認したそうです。

すると、500万円まで増えていた口座残高は、なんと0円に…

その後「W」の担当者とは、
3ヶ月以上、音信不通とのことです。

このようなことが起こっているにも関わらず
「W」は未だにシステムの販売を行っているようですから、恐れいります。

実はこの「W」という会社、
KAWARA版スタッフが調査を進めていくと、
ある事実が判明しました。

なんと「W」は以前KAWARA版でも取り上げられた
悪質な詐欺会社と繋がりがあったのです。

その悪質な詐欺会社の名前は「B」。

(具体的な会社名はKAWARA版会員のみに公開されています)

KAWARA版スタッフの調査結果から
「W」と「B」が繋がりがあるのは
ほぼ100%間違いないでしょう。

思い返せば「W」と「B」は、
勧誘方法や、顧客対応など、やり口がそっくりです。

「W」と「B」は、
どんな手法で投資家を募っているのか?


「W」と「B」の繋がりを決定付けた証拠とは…?

今回の案件の続きは、KAWARA版の
バックナンバーページより確認することができます。

被害拡大を防ぐためにも、投資家の方や、
これから投資をはじめようとしている方、
「W」と「B」に心当たりのある方は、
ぜひ一読されておくことをオススメいたします。

KAWARA版に無料登録すると、メンバーサイトのID、PASSが届くので、
メンバーサイトにアクセスし、バックナンバーページの
[CASE.12]をご覧になられてみてください。


         ◇投資の“KAWARA”版.comの無料会員登録はこちら
              ↓          ↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ