使えないFX自動売買システムが多い理由

ニュース

使えないFX自動売買システムが多い理由

使えないFX自動売買システムが多い理由

投資案件の中でも「FX自動売買システム」の類は、
最もまがい物が多いジャンルと言っても過言ではありません。

1,000個のシステムがあったとして
使い物になるのは、せいぜい1つか2つです。


なぜ、こんなにも使えないシステムが多いのか?

その理由はさまざまではありますが、

「そもそも販売元が運用でお金を増やそうと思っていない」

というのが、大半です。

使えないシステムの特徴として多いのは、
システム自体に高額な値段をつけているということ。

システムの料金に高額な値段をつけておけば、
運用でお金を殖やさなくても儲かります。

つまり、システムの販売元からすれば
運用結果がどうなろうと関係がないのです。

それっぽいシステムを作って、
それっぽい値段をつけて、
それっぽい言葉を並べておく。

あとは広告を流せば、勝手に投資家が食いつき、
運用結果なんて関係なく、丸儲けというわけです。

ボロい商売ですよね。

使えないシステムだと風評被害が広まっても、
会社名を変え、システム名を変更するだけで済む話ですから。

しかし、自動売買システム自体は
立派な投資ツールであることに変わりはありません。

大手銀行や有名な証券会社も、
投資や資産運用に携わる機関は、
システム開発に多額の資金を投じています。

高性能なシステムがあるからこそ、
プロレベルの運用が行えるわけです。

偽物のシステムが多いとは言え、
中には本物の、優秀なシステムもあります。

問題は、そのシステムが本物か偽物か
見極める目をもてるかどうかです。


もしあなたの目の前に、魅力的なシステムが
現れた場合には、真っ先に、

・システム料金で儲けようとする業者か?
・あくまでも運用ありきの業者なのか?

を確認してください。

そして前者の場合は充分に注意してください。

そのシステムは、中身のない、
ハリボテのシステムである可能性が高いです。

■ 追伸

もし、自分の目で本物のシステムか、
偽物のシステムか見分けがつかない場合は、
その道のプロに見てもらうのが一番です。

投資の“KAWARA”版.comという
無料投資情報共有サービスでは、
世界中の投資案件の情報を会員同士で共有しており、
相談窓口に投稿すれば、無料で調査も行ってくれます。

もしあなたが気になっている投資案件がある、
現在の投資先に不安がある、という場合は、
ぜひ一度、投資の“KAWARA”版.comを利用してみてください。

人数制限があるようですが、今なら無料で利用できます。


       ◇投資の“KAWARA”版.comの詳細を確認してみる。
             ↓        ↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ