BTG配布後、市場公開された後の混乱!?

ニュース

BTG配布後、市場公開された後の混乱!?

BTG配布後、市場公開された後の混乱!?

ビットコインはハードフォークを経て、
今2つのコインに分裂しております。


・BTC(ビットコイン)
・BCC(ビットコインキャッシュ)


上記2つに加え、これからBTGが誕生します。


※名前が酷似しているため今日の記事では
それぞれ、略称を明記させていただきます。


BTGに関しては8月に世間を賑わせた
「BCCの再来」だと言われており、
暗号通貨ユーザー間で期待が高まっております。


なぜなら、これから誕生するBTGは、
現在、BTCを保有している人たちへ
「BTCと同数のBTGが配布」されるからです。


しかも無料で。


仮に、わたしが100BTCを持っていた場合、
100BTGを無料で受け取ることができるのです。


そして、そのBTGに「1BTG=1万円」の価値がついたとします。


すると、わたしは無料で100万円を手に入れたことになるわけです。


信じられますか?


信じられないという方は、BCCを調べてみてください。


既に、同様の実例が存在しております。


8月に誕生したBCCも、同じように
BTCユーザーへ保有しているBTCと
同数のBCCが無料で配布されました。


そしてBCCが市場に公開された瞬間、
最高値で9万円台の価値が付きました。
※現在は3万円から4万円付近をウロウロしてます。


先程の例で言えば「無料で900万円」を
受け取ることができたわけです。


これぞ、暗号通貨市場の魅力そのものといえるでしょう。


なんとも不思議で、夢のような市場です。


というわけで、今回のBTG誕生期に
無料で資産を増やしたい暗号通貨ユーザーは
こぞってBTCを買い集めているわけですが…


BTGの配布枚数は、10月25日時点で
BTGを取扱う取引所やウォレットで
保有しているBTCの毎数で確定されます。


裏を返せば。


10月25日までに指定の取引所へ
BTCを移行しなければ、
BTGを無料で受け取ることはできない。


ということになります。


では、肝心の指定場所ですが、
現在公式アナウンスで発表されているのは


・HitBTC
・BitStar
・Beatcoin
・Yobit


上記の取引所です。


でもこれは海外の取引所ですので、
皆様には若干ハードルが高いかと思われます。


国内の暗号通貨取引所では


・bitFlyer
・Coincheck


が、公式に取扱いを発表しました。


bitbankはまだ方向性を発表しておりませんし、
Zaifは取扱いしないと発表しております。


ですからBTGを狙うのであれば、
bitFlyerかCoincheckをオススメいたします。


と言いましても、今からですと、
アカウントの開設期間的に厳しいので
既にアカウントを持っている方に
大きなチャンスが生まれているといえます。


市場の流れと過去の実例からいって、
BTG配布後、市場に公開された時点で
暗号通貨相場では価値の乱高下が起こり得ます。


既にBTCは急騰していますよね?


これはBTG狙いの人たちがBTCを買い足しているからです。


で、実際にBTG市場公開後、
価値が急騰し始めると、多くの人たちが
BTC(もしくは他の暗号通貨)を売って
BTGを買い始めます。


するとBTC(もしくは他の暗号通貨)は
価値が下落モードに突入します。


そして、ある程度BTGが高まった辺りで
急落したBTC(もしくは他の暗号通貨)を
買い戻し始めます。


このように暗号通貨トレーダーたちが
あちらこちらに買ったり売ったりを
繰り返すため、必然的に暗号通貨相場の
動きは活発化し始める、というわけです。


BTG配布後、市場に公開された時点で

暗号通貨相場では価値の乱高下が起こり得ます。

この辺の判断難しいですよね、

こういう時、専門家の判断が重要になってきますよね!!


仮想通貨長者.comが頼りになりますよ!!

親密に相談に乗ってもらえますよ!




              ご登録は下記まで
                ↓  ↓

  

 

 現在ご覧のキュレーションサイトが誰でも簡単無料で作れます!
無料ブログなのにアフイリエイトがし放題!!
こちらはアメーバブログと違って、商用利用OK。
アフイリエイトOKという嬉しい無料ブログなんです!!
 名前を出すリスクはありません。すぐにこちらから始められます

               ↓       ↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ